Cランク

猫用フード「モンプチ」の原材料評価と口コミ評判

2020年1月23日

猫用フード「モンプチ」の評判や成分を評価

管理人
管理人

こんにちわ!管理人の楓(@catfood_abc)です。

「モンプチ」といえば、オシャレに盛り付けられたフードを優雅に食べる猫ちゃんのCMが印象的なキャットフードですが、その原材料や成分はどうなのでしょうか?

今回はドライフード・ウェットフード・スープの3種類について評価し、口コミや評判をまとめました。

モンプチの総合評価は?

猫用フード「モンプチ」の評判や成分を評価

商品名 モンプチ|ドライ|5種のフィッシュブレンド
総合評価

Cランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【キャットフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原料:×穀類(小麦、コーングルテン、米等)

その他原料:×肉類(家禽ミール等)、動物性油脂

酸化防止剤:ビタミン類

人工添加物:×着色料(食用赤色2号、食用赤色102号、食用青色1号、食用黄色4号、食用黄色5号)

「モンプチ|ドライ|5種のフィッシュブレンド|まぐろ・かつお・鯛・サーモン・小魚味」の原料チェックに飛ぶ☟

原産国 オーストラリア
第一原料産地 不明
内容量と価格 ・411円/600g
※税込、公式サイト参照
対応年齢 成猫
販売元 ネスレ日本株式会社
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 一覧 コスパの良いキャットフード

モンプチは穀物中心

管理人
管理人

モンプチの総合評価はCランクです。

原材料を見る限り、猫ちゃんにとって良くないものが多数使われており、評価が低くなりました。

猫ちゃんが消化しづらい穀物が第一主原料なので、消化不良で下痢や嘔吐をしてしまう心配があります。

また、動物性タンパク質である肉類は、どんな動物の肉を使っているか分からないミール肉で、けして質が良いとは言えません。

危険な人工着色料が大量に

そして大量の人工着色料。

猫ちゃんの目は色を識別できないので、本来であれば着色する必要はありません(-_-;)

正直、大事な愛猫に与えるものとしてはオススメできませんね・・・

新製品に人工添加物不使用の「モンプチ|ドライ|ナチュラル」が販売されているので、気になる人はそちらを選んだほうが良いでしょう。

以上のことから、モンプチの評価はCになりました。

おすすめキャットフード一覧表

モンプチの原材料をチェック

猫用フード「モンプチ」の原材料評価と口コミ評判

「モンプチ|ドライ」の原材料

穀類(小麦、コーングルテン、米等)、肉類(家禽ミール等)、動物性油脂、たんぱく加水分解物、魚介類(サーモン、ツナ、フィッシュパウダー(まぐろ、かつお、鯛、小魚))、豆類(大豆ミール)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)、着色料(食用赤色2号、食用赤色102号、食用青色1号、食用黄色4号、食用黄色5号)、アミノ酸類(タウリン)

参照:Amazon「モンプチバッグ 成猫用 5種のフィッシュブレンド まぐろ・かつお・鯛・サーモン・小魚味600g」

第一主原料が穀物

猫用フード「モンプチ」の原材料評価と口コミ評判

本来猫ちゃんは肉食動物なので、穀物を消化するのが苦手です。

穀物をたくさん摂取すると、消化不良をおこし、下痢や嘔吐などのアレルギーをおこす可能性があります。

また、穀物はキャットフードの価格を安くするために、かさましの意味で入れられていることが多い原料です。

質の悪いミール肉

管理人
管理人

ミールと表記された肉類は、キャットフードを選ぶ際に注意してほしい原材料の一つです。

人間が食べることのできないクチバシや内臓と、食肉加工の際に出るくず肉などを混ぜて加工されたものをミール肉と呼びます。

どのような動物の、どのような部位が混ぜられているか不明で安全性も不透明で、質も良いとはいい切れません。

できるだけ避けたい原材料です。

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

気をつけたいキャットフードの原材料4種類

危険な人工着色料

猫用フード「モンプチ」の原材料評価と口コミ評判

猫ちゃんの目は色を識別することができず、食べ物を臭いで判断します。

よって、着色料は猫ちゃんにとって不必要なものです。

特に、赤色102号は発がん性が認められており、猫ちゃんの身体に害を及ぼす可能性があります(-_-;)

新製品「モンプチ|ドライ|ナチュラル」の原材料の評価

白身魚、コーングルテン、とうもろこし、チキンミール、大麦、牛脂、脱脂大豆、たんぱく加水分解物、米、モルトエキス、酵母、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

参照:アマゾン公式「モンプチ キャットフード ドライ バッグ ナチュラル 天然お魚の贅沢500g」

人工添加物不使用の「ナチュラル」シリーズ

管理人
管理人

モンプチ|ナチュラルは、「第一主原料が肉類・人工添加物不使用」のシリーズです!

通常のモンプチ|ドライと比べると、原材料的には安心できる配合になっています。

大量の着色料が使われていないので愛猫に与えるのであれば、ナチュラルシリーズのほうが良いでしょう。

穀物完全フリーではない

しかし、穀物にコーングルテン・とうもろこし・大麦・米の使用があります。

肉類がメインなのはとても良いのですが、穀物アレルギーの猫ちゃんには向きませんね。

これでグレインフリーだったらもっとよかったのですが・・・

モンプチのウェットフードの原材料をチェック

ウェットフードの評価

「モンプチ|たっぷりとろとろソース|ビーフオーブン焼き風」の原材料を見ていきましょう。

肉類(ポーク、ビーフ、チキン)、穀類(小麦グルテン)、魚介類(フィッシュ)、豆類(大豆)、増粘安定剤(加工でんぷん)、ミネラル類、ビタミン類、アミノ酸類、着色料(酸化鉄、カラメル)、香料

参照:Amazon「モンプチ 缶 成猫用 たっぷりとろとろソース ビーフオーブン焼き風」

ビーフ味なのにポークがメイン

猫用フード「モンプチ」の原材料評価と口コミ評判

こちらはドライフードとは異なり、第一主原料に肉類が来ています。

しかし肉類の内訳をみてみると、『ポーク、ビーフ、チキン』です。

「ビーフオーブン焼き風」と、明らかにビーフ味と表記されているのに、ほとんどビーフ以外という事実に驚きました。

タンパク質は少なめ

  • たんぱく質9%以上
  • 脂質2%以上
  • 粗繊維1.5%以下
  • 灰分3%以下
  • 水分82%以下

ウェットフードには「総合栄養食」という表記があり、これ単体でも最低限の栄養素は満たしています。

しかし、タンパク質量が9%以上と少ないので、成長期の猫や若い猫はこれだけではタンパク質が少な過ぎます。

ドライフードと一緒に与えることをおすすめします!

スープ(おやつ製品)の評価

猫用フード「モンプチ」の原材料評価と口コミ評判

モンプチは、普段の食事にプラスしてごほうびとして与えられる「スープ」などのおやつ製品を販売しています。

「モンプチ|スープ|かにかま、かつお節入りまぐろスープ」を見てみましょう。

魚介類(まぐろ、かにかま、フィッシュエキス、かつお節)、増粘安定剤(加工でんぷん、増粘多糖類)、ビタミンE、パプリカ色素

参照:Amazon「モンプチ スープ パウチ 成猫用 かにかま、かつお節入りまぐろスープ」

原材料は安全

スープの原材料には猫ちゃんに有害なものは使われていません。

ちなみにパプリカ色素はパプリカからとった天然の着色料なので、有害ではありません。

必要か不必要かでいったら不必要ですが・・・(^_^;)

おやつは総合栄養食と併せて

このスープには「総合栄養食」の表記がなく、これだけでは十分な栄養が取れません。

ドライフードなどの総合栄養食を併せて与える必要がありますよ!

スープやおやつ製品のカロリー表記もきちんと確認しましょう。

モンプチの販売会社はあの有名企業?

猫用フード「モンプチ」の原材料評価と口コミ評判

ネスレが販売

管理人
管理人

モンプチは、コーヒーでお馴染みの「ネスレ」が販売しています。

モンプチを販売しているのは、皆さまお馴染のあの有名企業『ネスレ』なんです!

ネスレ社はコーヒや飲料水のイメージが強いですが、実はペットフードも販売していたんです。

モンプチの他にも、「ピュリナワン」「フリスキーズ」「フィリックス」といったペットフードも販売しており、ピュリナワン以外は猫用のラインナップのみしか販売していません。

その中でも、モンプチは高級感・特別感をブランドイメージとして売り出しているブランドです。

猫用のピュリナワンは安全?評価と評判|500円お試しキャンペーン中

猫用のピュリナワンは安全?評価と評判|500円お試しキャンペーン中

モンプチのラインナップは業界一?!

猫用フード「モンプチ」の原材料評価と口コミ評判

モンプチは、味にうるさい猫たちのどんなワガママにも対応できるよう、8つのタイプのフードで100種類以上のメニューを有しています。

このラインナップの多さはキャットフードブランドでも随一と言えるでしょう。

今まで「必要な栄養補給」と考えられていたペットフードを、猫が食事の時間を少しでも楽しく充実した時間になるようにと、人間の食事の様に見た目や形、数々のメニューの種類にこだわったものとなっています。

いつものフードを少し贅沢にすることが出来る、「スープ」というジャンルをキャットフードで始めたのもこのモンプチです(^^)

ネスレ定期便でお得に通販

ネスレ公式通販で、モンプチを定期便で購入すると、いつでも10%オフになるのでお得ですよ。

キャットフード「ピュリナワン」の定期便でも、モンプチシリーズを選ぶことができるので、どちらも試してみたい方にオススメです。

ネスレの定期便はキャットフードの種類や、お届け間隔を変更することができるので、飽きっぽい猫ちゃんにも良いですよね♪

ネスレ通販でモンプチ・ピュリナワンを定期便購入

当サイトに投稿された「モンプチ」の口コミ・評判

「モンプチ」のみんなの口コミ・評判

0
0.0 rating
0/星5つ中 (評価の総数0)
とても良い 0%
良い0%
普通0%
残念0%
とても残念0%

まだ評価がありません。最初の口コミを投稿してみませんか?

「モンプチ」の口コミを投稿する

当サイトで調査した「モンプチ」の口コミ・評判

よく食べる

モンプチは種類も豊富で嗜好性が高いので、猫ちゃんがよく食べてくれるという口コミが多く見られました。

モンプチ以外のフードを食べない猫ちゃんもいるようですよ!

スープは水分補給にピッタリ

スープ類は水分をあまりとらない猫ちゃんの水分補給にぴったりという意見がありました。

また、嗜好性が高いので、お薬を飲ませるときや、療法食を食べないときにトッピングとして使用している人も多くいました!

小分けになっているので便利

小分けパックになっているところが気に入っている人も多いようです。

猫ちゃんにいつも新鮮なフードを食べさせてあげることができて良いですよね。

多当飼いの家庭にはあまり合わないかもしれませんが(汗)

モンプチのおやつが大人気!

口コミなどを見ているとモンプチのおやつがとても人気が高いことがわかりました!

食いつきが良いので、食欲のなくなった猫ちゃんにも良いかもしれませんね(^^)

グレインフリーのおやつも出ているので、穀物アレルギーの猫ちゃんにおすすめです。

グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードのおすすめランキング【5選】

グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードのおすすめランキング【5選】

まとめ

管理人
管理人

モンプチは有名なネスレの商品ですが、クオリティーは人の食品同様とはいえませんでした。

  • モンプチは有名なネスレの製品
  • 100種類以上のラインナップ
  • ドライ・ウェットフードは穀物や着色料が添加
  • スープはドライフードと併用
  • おやつも原材料表記を見る

商品のバリエーションが多いので猫ちゃんは飽きずに食べられますが、製品に慣れてしまうと他の食事を食べなくなるので与え方には注意が必要です。

適度なタイミングでおやつを利用しつつ、普段の食事には良い製品を与えてあげましょう。

-Cランク

Copyright© キャットフードのABC , 2020 All Rights Reserved.